仕掛け

コメント

ソアレ カケガミ 実釣テスト結果『釣れる!』

今月発売のソアレ・カケガミの実釣テスト結果ですが、これ、実に釣れます!激流地区でのテストですが、1.3g と 1.8gをテストしました。かなり重いスプリットシンカーを付けてのテストです。最初に1.3g装着。ワームはブリリアント他数種類。下...
フック

二つの激流ポイントとリーダーの号数

どちらもリーダーの種類はグランドマックスで統一しています。 そして、どちらのポイントでもリーダーの号数はフックサイズとワームのサイズで変えています。 ハイヤー大橋では、小さいフック(スプリットショッター#8)&細いワームは1号...
スプリット

アジを興奮させるダブルワーム(取り付け編)

激流ダブルワームはアジを興奮させる。ややテンション張りながら斜め下にカーブを描くようにフォールさせて行きます。上層の小アジのただならぬ動きから、ごちそうの気配の波動を感じ、デカアジのネリゴ風な急上昇。小アジの群れを押しのけて食い付くすごさ...
テクニカル

アジング・ダブルワーム(デカアジに超有効)

このダブルワーム、目立ちますので、猛スピードでアタリが来ます。しかも、そのほとんどはデカアジです。 が、ワーム2本ですので食べるのに手間取る感じが伝わってきます。 そこで、とにかく口に入るまでは、待ちます。(およそ1.5秒程度...
スプリット

アジングワームの大きさ

(もちろん)激流ポイントでの話ですが・・・。 太めのワーム。ブリリアント 2.5インチ。これですね・・・、アジが吸い込む時に、ワームが小刻みに揺れながらアジの口に入って行くのが分かります。つまり、食べ難そう。しかし、ま、美味しそうに...
テクニカル

アタリがあるのに釣れない・・    その時は、これ !

アタリがあるのにフック出来ない。何度やっても同じ。もう、こういう場合は・・・ モモアジにしちゃいます。 で、もちろん・・・ 釣れない・・・ことは、なく、釣れるのですね、これが、いつも。そう、必ず、釣れます。 ...
テクニカル

ワーム・アミカラーは必須

アジングで、渋い時のアタリはアミカラーの方が多いので、結果としてアミカラーは必要だと考えています。オレンジも結局、似ているので・・わたしは、持っていませんが。アミタイプがあれば、同じようなものというか、こちらが本家。妻がバッカンの中を覗き...
テクニカル

スプリットショッター

これはアジングで使っている針です。他の記事でも書いていますが、何しろ吸い込みが早く、しかも、バラシが少ないのです。流れのあるところでのステイでは居食いします。ただ巻きにも向いています。 フォールの時は、シンカーに対して直角に上がりや...
テクニカル

激流アジングの仕掛けは家で作る

アジングの仕掛けは家で作ります。 ラインは主にエステル4号。 クリップスナップとサルカンで繋ぐだけ。 釣り場は激流のみなので、スプリットシンカーを使います。 シンカーの重さは3gから6gがメインです。 針は、スプリットショッターの#6(太...
タイトルとURLをコピーしました