コメント

激流の当て潮・最高の攻略方法発見

このようなタイトルを掲げましたが実釣結果が物語ります。圧倒的に優位な釣り方です。この場所ではメタルジグ5gとジグヘッド0.4gの組み合わせです。ジグサビキの仕掛けとは違います。メタルジグはテーリング予防の為にフロントアシストのみとします。...
コメント

34 サーティフォー HSR-63ver.Ⅲ レビュー

このロッドのキャッチコピーが『違和感』 確かに説明されているように、シャキッとしているのに柔らかい。 スプリット3g〜5.5gの使用感。とても良い感じ。実釣・・・フック・・・引き寄せる・・と、何か変・・・アジのサイズは...
コメント

手持ちアジングロッドラインナップ

現在16本のアジングロッド。 1.サーティフォー:HSR-63 TYPE lll2.サーティフォー:FER-583.サーティフォー:610S 4.サーティフォー:610S V.25.がまかつ宵姫天:61S6.がまかつ宵姫天:...
コメント

VARIVAS TFL-63S が来ました

VARIVAS TFL-63S が気になって入手。 まだ使っていません。 近々・・・出かけます。
コメント

34 ロッド修理完了 戻って来た HSR-610

34 サーティフォーHSR-610 ロッド修理完了。戻って来ました。 Version 2は現代的にアレンジされておりますが、こちらはすごくスッキリした感じです。 2本並べて比べたところ、Version2はかなり工夫が加えられて...
コメント

宵姫華 S69FL

これは使いやすい。わたしは今はこれでOK。 宵姫天よりも(エンドグリップ問題もなく)使いやすい。少々難しい場面で一投目から釣れた。ほとんど、どの場面でも柔軟にこなす四駆のオートマチック。 宵姫EX S51FL(小型ジープタイプ...
コメント

ハイエンドロッド

がまかつ 宵姫天54FL & 宵姫天61L 確かに感度は良いがクセがある。でも気に入る。 (以前の宵姫EX 51 は、わたしとしては必携ロッドの1本・・よく釣れる。ただ、外観のバランスが良くない。) VARIVAS ウエダ 610 妻のNo.1ロッド。(わたし用もキープしてある・・でも使わない・・一応妻用にキープ) evergreen 63もかなり良いロッド。 (平均的に実に優れているロッド) ところで、(クリアーブルー 56を触った・・先端やり過ぎの感あり(個人主観)指でつまむと折れそう。手元は太い・・し。重い。バランスは良いが。) バランスが全てと言う見方もあり、何とも言えないながら、ここまで先端細くて重量重いし、やはり、購入は出来ない。ただ、何かが面白い。 うーん、そう、釣りを舞台にしたアニメなのかも知れない。日本人らしい考え方のひとつの気がするが、意外に海外でも受けるのかも。ま、なんとも言えない。 でも、やはり先端、どこかに当たるとすぐ折れそう。 どうでしょうね。  例えば、それより細い先端付ければどうなの・・、細いだけの、ただ、それだけの競争は、どうでしょうね。 がまかつのエンドがないロッドも変だけど・・、この世界、変なところで尖っているのが流行ながら、では、そこで、 TICT 55-one これ実にアジングロッド的で、まともながら、今となっては面白くない。つまり尖っているところがないからか、 いえ、それだけではなくて、他の尖った個性のロッドに実力で少し置かれているのは確か。 しかし、個性が尖ると使いづらいのも確か。人はそれぞれなので、それぞれに選ぶのでしょう。 34のprovidence 610 version 2 は今は余り使いませんが、特殊な状況の時には使用する予定。(ギガアジ狙い) ブルーカレントシリーズおよびリップルフィッシャーのジグ単専用ロッドはアジング使用には実釣における比較検証の末、 常に感度が問題になりました。 感度が特に良いのは、ウエダのロッドと、がまかつでした。 クリアーブルーについては、マニアックで、よく出来たロッドだと思います。 ただ、好みから見ると(魚も命がけなのですが、それが)が感じられず、ゲームロッドにしか見えないので、あえて入手しておりません。 がまかつは宵姫天よりも宵姫華の方が使いやすそうです。 次の入手は、宵姫華S69FL-solid を是非。 触った感じ、感度も高めで、手軽に使えそうで、とても自然で良い感じです。 エステルでのアジングには使えないのですね。ではキャロでは・・それでも感度が問題。
コメント

その2:ソアレ カケガミ 実釣テスト結果

最初のテストから合計3回程度テストしました。最初は、1.3g と 1.8gでした。その後、0.8gと1gもテストしましたた、結果的に1g と 1.3g を気に入りました。 マイナス点として、①ワームを刺すところとフックが付いていると...
コメント

自分に合うロッドは Superior SPRS-63SL-S と思っていたが・・

ほとんどのアジングロッドを置いてある釣具屋に行きました。5ft〜6ft代のロッドを全て触ってみました。まず、入り口付近、34、TICT・・とにかく色々あって、奥の方に EVERGREEN 等。最初に、気になるPrvidence FER-5...
コメント

妻のお気に入りアジングロッド『VARIVAS 4S-610S』

わたしには繊細すぎるかも知れませんが、妻にはぴったりのようです。渋い日に、きっちりと、尺を釣っていました。わたしにはまだ超お気に入りがありませんが、とりあえず、使ってみたラインアップはこんな感じ。宵姫EX S51FL(短いながら張りのある...
コメント

ダブルワームのテキサスリグ仕様

激流での流れに乗せる時はジグヘッド付きのダブルワームはアジが咥えた時に、上顎にアイが当たり弾きやすくフック率が下がるのが分かりましたので、ノーシンカーでのダブルワームにすることにしています。 ただ、いくつかの他の場面ではワームヘッド...
コメント

ソアレ カケガミ 実釣テスト結果『釣れる!』

今月発売のソアレ・カケガミの実釣テスト結果ですが、これ、実に釣れます!激流地区でのテストですが、1.3g と 1.8gをテストしました。かなり重いスプリットシンカーを付けてのテストです。最初に1.3g装着。ワームはブリリアント他数種類。下...
コメント

エステル0.4号でアジングロッド折れるとは・・操作注意

いつもの激流地区。しかし今日は普通に釣っても、なかなか釣れない状況。こうなれば、番外釣り・・。10.5gのシンカーにジグヘッドタングステン2.5g、ワームはキビナゴタイプの2 inch。そして、海底を高速〜超高速のスピードで、ただ巻き・・...
コメント

セイゴ 41 cm エステル 0.4号 ダブルワーム

ダブルワームにてセイゴ41cm (エステル Red Eye 0.4号/8月22日0時頃 さすが、ダブルワームです。アジの回遊がない中を、あれこれと・・。 妻は居残りのアジ2匹のみ。(27cm程度) わたしはアタリさえ無く...
ダブルワーム

シーズンに特化したダブルワーム

夏から秋における最も食いつきの良いダブルワーム構成は、アタリの頻度から見て、アジアダーPro(クリアー) + フィジットヌード(銀粉シラス)です。 いずれもクリアー系ではありますが、これが一番違和感がないからでしょうか。ワーム1本の...
タイトルとURLをコピーしました