コメント

スプリットの感度をジグ単0.1gレベルにする自作キャリー

よく行く激流アジングの場所で使用するスプリットシンカーの改良がテーマです。この場所では必然的にスプリットシンカーを使うことになりますのである程度の重量は仕方なく、感度は微妙に下がるのは仕方ないと思っておりましたが、34のSキャリーを見て、...
フック

二つの激流ポイントとリーダーの号数

どちらもリーダーの種類はグランドマックスで統一しています。 そして、どちらのポイントでもリーダーの号数はフックサイズとワームのサイズで変えています。 ハイヤー大橋では、小さいフック(スプリットショッター#8)&細いワームは1号...
スプリット

ハンドメイドアジングワーム

(これは激流用です) ヒラメ用のソフトワームを縦に二つにカットして成形したアジング用ワームです。 実釣、第一投目にて、尺アップをゲットです。 しなやかなテンションフォール中に、一気に来ました。 普通のワームにはスレ...
スプリット

アジを興奮させるダブルワーム(取り付け編)

激流ダブルワームはアジを興奮させる。ややテンション張りながら斜め下にカーブを描くようにフォールさせて行きます。上層の小アジのただならぬ動きから、ごちそうの気配の波動を感じ、デカアジのネリゴ風な急上昇。小アジの群れを押しのけて食い付くすごさ...
テクニカル

アジング・ダブルワーム(デカアジに超有効)

このダブルワーム、目立ちますので、猛スピードでアタリが来ます。しかも、そのほとんどはデカアジです。 が、ワーム2本ですので食べるのに手間取る感じが伝わってきます。 そこで、とにかく口に入るまでは、待ちます。(およそ1.5秒程度...
スプリット

アジングワームの大きさ

(もちろん)激流ポイントでの話ですが・・・。 太めのワーム。ブリリアント 2.5インチ。これですね・・・、アジが吸い込む時に、ワームが小刻みに揺れながらアジの口に入って行くのが分かります。つまり、食べ難そう。しかし、ま、美味しそうに...
テクニカル

(激流にて)アジングシンカー色々試した結果

個人的にですが、 色々なタイプを使って、残ったシンカーと言えば・・ 月下美人・TG アジングシンカー AJ スプリットシンカー ブラス バレットシンカー(キャロ) タングステン・シンカー・キャロライナスティッ...
トーク

牛深ハイヤ大橋・・綺麗ですね

超有名ポイント・牛深ハイヤ大橋下。それほど通ったわけではありませんが、経験の分ほど、書いてみます。(釣行10回程度だと思います)この記事は参考にはならないかも知れません。 基本、右流れの上げ潮で釣りますが・・・、ここは、上げ潮の途中...
トーク

釣り人好きの天草の橋

牛深のハイヤ大橋の下はアジングの激流ポイントとして有名です。イタリアの建築デザイナーによる美しい橋です。 天草の入り口の橋は、第一橋として知られています。 それに並ぶ新しい橋が隣に出来てからは、そちらの方が交通量が多いですね。...
トーク

タイトルのパッショナブルフィッシング

パッショナブルフィッシングのPassionable は、調べると造語という風に出てきます。これは、誰もが思い浮かべる可能性のある単語だと思います。(形容詞)Passionate = 情熱的な、ですが、Passion + able = 情熱...
テクニカル

激流当て潮正面は暗中模索(アジング)

ここの正面からの当て潮は、時間によりアジの居る階層が違います。下に潜る潮、上に昇る潮、ぐるぐる回る潮、さまざまです。一応、カウントで、推定レンジを決めて探ります。3,4回やれば、どこかでアタリがありますので、次からは、アタリが無くなるまで...
テクニカル

激流アジング☆ 魚の居るところは流れが重い

激流でのアジング中に、ただ巻きをしていていつも感じるのは、魚の居るところは流れが重いということです。”魚の居るレンジ”の話題のところで話しましたが、重さについては触れておりませんでした。引っ張る感覚として話していました。 今回は、こ...
テクニカル

アタリがあるのに釣れない・・    その時は、これ !

アタリがあるのにフック出来ない。何度やっても同じ。もう、こういう場合は・・・ モモアジにしちゃいます。 で、もちろん・・・ 釣れない・・・ことは、なく、釣れるのですね、これが、いつも。そう、必ず、釣れます。 ...
テクニカル

新しいアジングロッドは・・何にする・・

実は、今日所用で山鹿地方に行きました。山鹿と言えば、有名ロッドメーカーがあります。 実は、昨年行ったことがあります。今回は、ブルーカレントの新しい(Type III)のアジングロッドと、リップルフィッシャーのアジングロッドを触らせて...
トーク

快適な数釣りのアジの好みのサイズ

これは、わたし的にですが、激流の慣れた釣り場を条件に自分の意識を冷静に感じてみると、アジングでの数釣りで冷静な中で心地よいのは、25cm前後です。それより大きいと少しずつ緊張感と興奮感が、それより小さくなるほど、ガッカリ感が増えて行きます...
タイトルとURLをコピーしました