激流アジング・パターン2

新しい釣り方を現在は(天草)野釜近辺で試しています。
以前は、(天草)T島で使っていた自己開発のシンカー、
名前を付けておりまして”タングステン を使用したウエイトレスシンカー
(名前:Weightless Sinker Tangsten:WLST)”(意味としては重みの負荷がないシンカー)
どのようなものか、簡単に説明すれば:34にSキャリーというシンカーがありますね、
真似はしていませんが、それに似ています。
現実的に(WLST)こちらの方がかなり洗練されています。
外観もより美しい。(自作できます)
実はSキャリーのようなものは以前から自作で制作していました。
34のクリップサルカンを使うのではなく、サルカンのみですっきりしています。
従ってライントラブルも少し少ないです。
34では着脱を容易にするためにクリップサルカンを使用していますが、
ここは自作の有利で、トラブルの少ないシンプルな構成にできます。
(大手のメーカーは色々大変だとは思います。
素晴らしいいアイディアが妥協製品に仕上がる・・傾向ですね。
というわけで、自作には圧倒的な輝かしい未来がある・・・かどうか、実力次第ですね。
また、自己満足も付き纏います。しかし、
それでも、釣果が圧倒的に(なかなか有り得ない・・ですが)優れているならば、
それは、もう、歓喜です!
というわけで、個人的には楽しめます。

さて、現在野釜周辺で使用しているのが、別な仕掛けです。
キャロでも釣れるかもしれません。(少量は・・)

が、既成のものを使うのは、自尊心が・・という方、
はい、あります。

やはり、ここから先に、本当に面白い世界が待ち受けています。

ジグ単、普通のスプリット、他、常道の仕掛け・・・、
これに満足できない人、(私もそうですが・・)たくさんいらっしゃる。おそらく。

スリル、冒険、新発見、発明(ここまでいければ言うことなし)ですが、
そこには、卓越したチャレンジ精神が必要です。
見返りは限りなく少ない・・・それでも続ける生きがい・・いいですね。(^^;)

ところが、努力を重ねている内に・・・
あるときにヒットする。 (かもです・・)それは叶えたい夢・・・最高です。
叶えられたらですが・・・。(^^:)

ただ、叶えられない場合も、結構最高かも知れません。(汗^^♪)

そして、
この、叶えられないところ(♪汗)も含めて個人的に、それが好きですね・・。笑


タイトルとURLをコピーしました