激流の当て潮・最高の攻略方法発見

このようなタイトルを掲げましたが実釣結果が物語ります。
圧倒的に優位な釣り方です。
この場所ではメタルジグ5gとジグヘッド0.4gの組み合わせです。
ジグサビキの仕掛けとは違います。
メタルジグはテーリング予防の為にフロントアシストのみとします。
仕掛けですが、準備として当然ながら撚れ防止のために極小のサルカンを取り付けます。

当て潮の正面に投げます。
5秒程度落として、そこから始めます。
フワーッ、フワーッ、を繰り返します。
食わせの間を作るなど止めやサビキはやりません。
アタリが来たら本アタリまでコンマ何秒か少し待ちます。
(この時に初めてロッドの上げ下げを止めます)
ここ、と感じたら合わせます。
合わせの必要も無いほどに最初からひったくるようにガッツリくることも多いです。
比率はワーム70%〜80%にメタルジグ20%〜30%です。
PEはアーマードF+Pro 0.2号でリーダーはシーガーGrandmax 1号です。
ワームはアジアダーPro必殺クリアー。
ジグヘッドはTICT アジスタ サイズS 0.4gです。平均的にこのジグヘッドは優秀です。


タイトルとURLをコピーしました