ロッドパワーありすぎにて・・・

天草近海ショアから・・これは飾り。
しばらく持っていましたが、オークションに出品しました。

とりあえず入魂はしましたが、ロッドに申し訳ないサイズ。
ネリゴ 50cm。

すみません。

またいつかお会いしましょう。
ただ、最近ロッドの好みが豪腕から、しなやか系に変わったので、
お会いできるかどうか、分かりませんが・・・。

現在興味があるのは、どこでも釣れて重量級もOKなロッド。
とりあえず、1本、Yamagaを試し中。103L PS
次は、Zenaq MUTHOS sonio

待っててください。

うーむ、いつになるか・・。

六角シンカーにアシストフック

魚の目が描いてある六角シンカーがありますね。
あれの40g〜50g位のにアシストフックを3,4個付けて投げて、
第一投目で40cmのアコウを釣ったことがあります。
これは、着底と同時に飲み込みました。
おそらくここの魚はスレていなかったからではないかなと思っています。
キスが多い漁場で遠浅ながらところどころシモリが点在する場所です。
このシンカーはよく飛ぶので、110m〜120m 向こうのかけ上がりまで、
飛ばすためには好都合です。40gのメタルジグのフルキャストでギリです。
着水からのカウントで、かけ上がりかどうかが、分かりますね。
この同じ場所で、他のルアーで40cmのチヌも釣りました。
ほとんど1,2投目です。
ロッドは、Morethan 1010M/MHですが、本当によく飛びます。
特大のカサゴとかも釣りましたが、他にも何か色々と居る気がします。
釣れるのは極めて特定の直径20m位のスポットでシモリもなく、
そこから手前に40〜50m位引いても根掛かりしないです。
名前を聞いてそこに行っても分からないと思いますが、一応ここです。
天草・二間戸。
ただ、砂浜をかなり歩かなければなりません。
砂浜を抜けて、足下に石がゴロゴロしてきたら近いです。
そこまで行かない内(7〜8分歩く)に、ヒラメがよく釣れる場所あり。
ただ、手前にシモリがあり、柔らかい竿で釣っていると潜られます。
もちろん、このビーチからキスはよく釣れます。



ノコギリ歯のある魚たち

ムツとカマス。ノコギリ歯のある魚たち。
どこかのオヤジさんっぽい、ムツ。

カマスはどうだろ・・。
以前、西海岸で46センチ位のカマスを、
妻と2人で10匹以上釣ったことがありますが、
まさに、バラクーダーという感じでした。
歯が、こわかったです。

カマス釣りの合間に妻がスズキ60cm

2018年5月

妻が、ぶっ飛び君で。

ふたりでカマス釣りしていたのですが・・、
突然、妻が、大声を・・。
見ると、ラテオ86が超曲がってる。
わたし:何・・これ、大きいね。
妻:わ、わ、わ・・。
そこで、わたしと交代。
これ、よくあるのです。青物60cm〜70cmクラスになると交代です。
交代しないと、ほとんどシモリに入られます。
腕の力の限界がこれ位かも知れません。
釣るのは、超上手ですが。

ギガアジ

2019年3月 天草米淵

わたし:40cm
妻:44.5cm

ふたりとも7g位のMキャロだったと思います。
ジグ単では届かない距離です。

嵐の日です。
通常は餌釣りの人が先端に居られるので、
こういう日しかありません。
と言いますか、時化た日にギガアジが入るのですね。

ワーム・アミカラーは必須

アジングで、渋い時のアタリはアミカラーの方が多いので、
結果としてアミカラーは必要だと考えています。
オレンジも結局、似ているので・・わたしは、持っていませんが。
アミタイプがあれば、同じようなものというか、こちらが本家。

妻がバッカンの中を覗き、アミが泳いでいるのを発見。
その泳ぎを研究しています。
妻:なーるほどぉ。この動きが、必要なんだ。

ま、と言うわけで(どういうわけか)
とにかくアミカラーはあった方が良いということで。
他には、一応普通に常にクリアーは持っていますが、
少しアミカラーに軍配が上がる気がします。
というのは、アタリの時とその後の食いっぷりが 、
”お腹すいてる” という感じですね。

通常携行ワーム
細:アジキャロスワンプ/オキアミパワー&オキアミホロ
細:TICT フィジットヌード/カラー色々
太:アジアダーPro/必殺クリアー
太:TICT ブリリアント 2.5インチ /銀粉オキアミグローリアクションシルバー



犬走り堤防で見たファッション

天草の第一橋を渡って10分程度で行ける超長い犬走り堤防。
上ですれ違えないので、上ったり降りたりが大変。

3年位前のこと、ここですごい光景を目にしたのです。
横一列に異常に多い若者エギンガーが立ち並ぶ中、
六本木を歩くようなファッショナブルな服装で、
エギングをしている女性です。(比較的堤防根元近くでした)

黒のジャンパー(裾はフリル付き)、
黒の細身のズボン、黒のサングラス、
そして、なんと、これが過激、黒のヒールの高いブーツ!
この方、この姿で、犬走りでエギング!

それだけでも超驚きなのに、ですね、その上に、
エギングのシャクリが上手!

妻と2人で、あっけに取られて見ていました。
す、すごい! なんてものを見てしまったのだろう!
エギングがファッションになっている!

その後、このような光景に遭遇はしておりません。
当時の、ある一時期の燃えるような流行だったのでしょうね。




レジンをルアーに塗る前に彩色

ターナー:カラー・パール・ターコイズ(濃い青)

オリジナリティを出すためと、
魚のバイト率を上げるために効果的な色を塗るのは、
良い選択だと思います。
そこで、お薦めなのが、次の2つの絵の具です。
今、近代建築のアート的な壁面塗料として注目されている
素材の中のこの2色はとてもルアーのカラーリングにお薦めです。
さて、その名前ですが、
ターナーのアクリルガッシュで、名前が、
カラーパールミント(ライトな青緑)と、
カラーパールターコイズ(濃い青)

これらを百円のルアーに塗り、乾いた後にレジンで仕上げると、
10倍のプライスのグレード品質に。魚もびっくり・・
かどうか、分かりませんが、
とにかく、他のルアーより、色的にバイトが多い気がします。
パールの効き方がモダンですね。魚もファッションに敏感・・、
ということがあるかどうか、それは分かりませんが、
生命の反応は、似ている面もあるのではと、感じます。

アートレジンをルアーに塗る

普通のレジンに比べて少し乾きが遅いです。
ただ、透明度が高く。仕上がり絶品。
さすが、アート用。

これを塗るのと塗らないのとでは、お話にならないほどに、
ルアーが長持ち、いえ、これが目標ではなくてですね、
宝石のように煌めくルアーになり、間違いなくアタリは増えます。
長持ちはおまけのようなもので、でも、このおまけも凄くて、
もう、素晴らしいガード力です。

価格:少し・・いや、もう少し・・高目。