激流で居食い

激流で居食いをするアジが居る。

わたしは、同じ日に何度も釣り上げた。

ここの激流には確かな法則がある。

ある意味、料亭の床の間の御膳の前。

時間になると御馳走が運ばれてくる。

お客様の口元に御馳走(ワーム)を運び込めば・・・。

アタリは無いが、微妙に微かな重みが加わる。

ただ、これは重みというほどでもなく、

ほんの少し動きを止められた感じ。

アジはワームを食べたまま激流の中で違和感なくそのまま泳いでいるのだ。

この時に合わせさせてもらって、お会計となる。

やれやれ、人生、どこでも、大変。

(※さすがにジグヘッド付きだとアタリあり)