テストアジング中の真鯛

激流ポイント。今日はラインと重りのテストのためのアジング。

通常はエステル0.3号/0.4号を使っている流れの早い場所で、

PEとシンカーのテスト。

ジグヘッドは0.3gとヘッド無し。

シンカーは1.5g/1.75g/2.0g/2.5g/3g/5g/7g/9g/10.5g/12.5g。

PEは0.1号と0.2号。

ワーム4種類持参。

この時期マメアジ多し。

この日一番大きい25cmサイズが堤防の角に当たり落下。

気を取り直し、シンカーを変えて9gで底を取り、

2度ほどシャキッ、シャキッと煽ると、直後にゴツンとフック。

アジングロッドに許容を超えた重みが加わってきた。

そしてドラグが鳴る。

おおお! こ、これは!?・・・スズキか何か・・?。

10分程度のやり取り後、浮いてきた。

水面近くで魚体が反転。おお、真鯛!

サイズは45cm 程度。最後の力を振り絞り大きく暴れる。

そして、力を込めて踏ん張るために歯を噛み締めた!!? 

プツッ・・・。

34の0.3gジグヘッドの針が中央部分から切断されていた。